妊娠中の禁煙

妊娠中の禁煙

妊娠中の禁煙 煙草を吸うと健康に大きな影響を及ぼしますが、妊娠中には胎児への影響も懸念されます。喫煙している女性は流産率が高くなりますし、早産時期の前期破水や絨毛膜羊膜炎、常位胎盤早期剥離、前置胎盤等のリスクもアップします。合併症以外にも胎児の発育が阻害されたり先天性異常の心配もありますので、安全に出産するために禁煙をしなければなりません。
禁煙を始めると辛い離脱症状に悩まされることになりますが、乗り越え方としては喫煙することで赤ちゃんに及ぼす影響を詳しく調べると吸い続けることが恐くなって禁煙への意志が固まります。また、見える所に煙草や関連するグッズがあると吸いたい気持ちが出てしまいますので、すべて処分してしまうのも一つの方法です。吸いたくなっても衝動は3分ほどで収まるといわれていますので、少しの間我慢すれば吸わずに済みますし、女性は現実派の人が多いので吸わなかった分を貯金していき、つもり貯金を楽しむことで止められるケースもあります。

禁煙中にタバコの代わりになるもの

禁煙中にタバコの代わりになるもの 禁煙中に感じやすいのが口寂しさです。何かを口に入れたい気持ちを感じやすく、対策ができていないと惰性でタバコを吸ってしまいかねません。タバコの代わりとなるものとしては、キシリトールガムや飴などが挙げられます。噛んだり舐めたりしていることで禁煙中の落ち着かなさを軽減しやすくなります。糖分が入っている物ですと食べ過ぎによって虫歯になる恐れがありますので注意しましょう。
電子タバコを利用するのもひとつの手です。タバコのように吸うことができるために気分をごまかしやすく、ニコチンやタールは含んでいませんので安全に用いることができます。フレーバーを感じられるタイプもあるため、電子タバコそのものにも楽しさがあります。ただタバコを思い出しやすくなることもありますから気を付けなければいけません。禁煙を目的に利用する場合は、ある程度の段階で電子タバコ自体もやめるのが理想的です。電子タバコには依存性がないため、禁煙への気持ちが強ければスムーズにやめられるはずです。