禁煙タクシーの特徴

禁煙タクシーの特徴

禁煙タクシーの特徴 禁煙タクシーとは、名前が示している通り、社内での喫煙を禁じているタクシーのことです。
最近ではタバコを吸える場所がだんだんと減ってきましたので、駅のホームや公共の場でもたばこの喫煙が禁じられています。
もちろん、社内のような密室においても、ドライバーさんの健康状態を悪化させる可能性が高い受動喫煙を引き起こさないように、またシートにたばこの臭いがついたり、ヤニがついてしまったりしないようにするためにも禁止している会社が多いのも頷けます。
禁煙を謳っているからには、ドライバーさん自身もたばこを吸わない方や、吸っていても車内で吸う事は禁じられていますので、社外で喫煙をしなければなりません。
特に都心では車内で喫煙が出来るタクシーを見つけることの方が難しく、今ではドライバーもお客さんもどちらもタバコを社内で吸わないという概念が一般的になっています。
たばこを吸うと、色々と不便な事がありますので、これを機に禁煙されるのも良いのではないでしょうか。

ニコチンと禁煙の関係とは

ニコチンと禁煙の関係とは 禁煙が成功するかどうかのポイントは、ニコチンにあります。
タバコを吸っている人の多くは、ニコチン中毒になってしまっています。
しかし、まだ中毒になっていない人ならば、高い確率で禁煙は成功します。
もしもすんなりとタバコをやめられたなら、中毒になっていなかった可能性が高いです。
しかし、多くの人は、タバコを長期間吸っていると中毒になってしまっています。
麻薬並みの中毒性があるので、基本的にはあっさりとタバコをやめられることはありません。
しかし、タバコを「スーパーライト」などに変える時には注意も必要です。
軽いタバコに変えても、有害物質の量は変わっていないことがあります。
「スーパーライト」に変えたことで、ニコチンの量は減ったとしても、本数が増えてしまったので、結果的にタールなどのその他の有害物質の摂取量が増えてしまっていることがあります。
なるべく1日あたりに吸う本数そのものを減らすようにしましょう。
少しずつでも減らしていけば、確実に禁煙が成功に近づきます。